• 手軽に体重改善

脂肪吸引との違い

女性

薬剤にはいくつかの種類がある

脂肪溶解注射は手軽でよいのですが、脂肪吸引と具体的にどのようなところが違うのでしょうか?まず、脂肪吸引は比較的大掛かりな施術です。美容外科ですから入院などは必要ありませんが、メスを利用した治療になりますから当然ダウンタイムが必要になりますし、お風呂や運動にも術後しばらく制限がかかります。それに比べて脂肪溶解注射はそのような制限が殆どありません。当日または翌日まで少々の制限はあったとしても、脂肪吸引手術のように大きく注意しなければいけないようなポイントはないのです。脂肪溶解注射と比べれば、脂肪吸引で行う方がすぐ効果を得られますし、効果範囲も大きくとれるようになっています。お腹や太腿という広範囲の脂肪を取りたい場合は脂肪吸引のほうが適していますが、気持ち足をもっと細くしたい、華奢にしたいという場合には脂肪溶解注射のほうが安定した治療が可能です。脂肪吸引ではしっかりとカウンセリングをし、徹底的に注意しなければ脂肪を除去しすぎたり、バランスが悪くて体が歪になるという問題が発生することがあります。そうなれば再手術になって手間がかかります。しかし、脂肪溶解注射の場合は効果が出るまでに1ヶ月程度かかりますし、液体を注射するだけですから歪になるようなことはありません。1ヶ月かけてまったりと様子を確認できるために、焦りが無く精神的にも安定した環境で治療を進められるようになっています。金額的にも脂肪溶解注射のほうが遥かに安価ですし、気軽に利用することが出来るようになっています。

効果の高い薬剤を利用してる美容外科

美容外科においてよく知られる注射にヒアルロン注射やボトックス注射等があります。ボトックスになるとアメリカのあるメーカーが作っている特定の薬剤になりますから他社から提供されることはありません。では脂肪溶解注射で行われる注射に関してはどうかです、こちらに関しては必ずしもある会社のものが使われるわけではなさそうです。それぞれの美容外科において脂肪溶解注射の中身を変えています。ですから美容外科によって効果の表れ方が異なります。基本的には大豆を成分としたものなので問題は少ないですが、組み合わせて使っているようなところでは詳しく内容を確認したほうがいいかもしれません。混合することの問題なども聞いておくようにします。

脂肪を減らすために美容外科が行う方法としては、脂肪吸引が多くなります。機械などを使って実際に脂肪を取り出す方法です。こちらをメインにしているところがほとんどですが、脂肪溶解注射を使うところも出てきています。どういった美容外科を利用するのが良いかですが、脂肪溶解注射に力を入れているところです。脂肪吸引をメインにしている所になると脂肪溶解注射で効果がなければ脂肪吸引をするようなところがあります。それだと両方のお金もかかることになりますから負担がかかります。どちらかでしっかりと対応してくれるところであればどちらにもお金を支払う必要はなくなります。効果がしっかりしているところであれば、こちらで行きましょうと言ってくれます。

↑ PAGE TOP